注射

エラも目立たなくできる

ボトックスを用いる小顔整形の種類としては、エラに注入する施術をはじめ、アゴのラインの変更、顔全体への注入などがあります。初めてボトックスを利用する人へのアドバイスは、医師との意思疎通を大事にすること、施術当日はリラックスすることです。

詳しく見る

男性医師

手術のしやすさが話題

シミュレーションを行っているクリニックであれば、ボトックス注射を行った後の小顔の予想図を見ながら、手術を受けるか決められます。顔のエラやアゴの筋肉を縮小する事で、モデルのように綺麗な顔立ちを作り出せるのも人気の理由です。

詳しく見る

女性

注射で顔の美容効果を狙う

ボトックスは小顔効果も狙える施術ですが、デリケートな面もある事から、カウンセリングから始まる準備段階を充分に踏みます。効果は一時的ですが副作用例は少なく、再施術を適宜繰り返す事で半永久的な効果を狙える施術になります。

詳しく見る

注射

満足な人付き合いには

ボトックスには、人付き合いを満足なものにするという大きな魅力があります。小顔などの整形以外に、汗予防でエチケット面のケアができるためです。整形外科選びでは、利用者の話を参考にします。技術力が施術にちゃんと反映されるかで判断しましょう。

詳しく見る

看護師

美容クリニックで行う

筋肉が原因で張っているエラならボトックス注射で解決します。薬剤が筋肉の働きを抑制し、顔を小顔に導いてくれるのです。注射を打つだけなので施術は10分程度と早く終わります。終わった後もこれまで通りの生活に戻れるので幅広い人に人気の施術です。

詳しく見る

まずは原因を知ろう

看護師

人気の治療方法とは

顔が大きく見える原因にはいくつかの種類があり、その原因の一つがむくみです。むくみは睡眠不足や運動不足、冷えなどによって血行不良を起こすことが原因とされています。血流を改善させることでむくみが解消されて小顔効果も期待できるでしょう。その他にも、顔の表情を作る筋肉が足りないために顔がたるんでしまい、そのことで顔が大きく見えることもありますし、脂肪がつきすぎていることも原因の一つです。元々骨格が大きい人はそれだけで顔が大きく見える原因になってしまいます。 また食べ物を咀嚼するために必要な咬筋という筋肉が発達しすぎているためにエラが張っているようになって顔が大きく見える原因となることもあります。顔が大きく見える原因を解決するには様々なアプローチ方法がありますが、顔の筋肉が発達したことで大きな顔に見える場合には、ボトックスによる治療が有効だと考えられます。ボトックスは今人気の高い美容整形施術の1つであり、注射によって有効成分を筋肉に注入するだけのお手頃治療となっています。筋肉の発達によるエラ張りをおさえて小顔を目指したい人にはうってつけといえます。筋肉は使えば使うほど発達していきます。食べ物を食べる時には咬筋という筋肉が使われ、人が生きていく上では食べ物が必要になることからこの筋肉が発達するのは仕方がありません。しかし必要以上に発達しすぎてしまっては顔が大きく見える原因となってしまいます。筋肉が発達しすぎた状態を和らげてくれるのがボトックス治療です。ボトックスには筋肉の働きを弱める作用があります。注射によってボトックスを気になる部分に注入することで一時的に筋肉の働きを弱めることができます。太くなりすぎた筋肉が徐々に細くなっていき、このことで小顔効果が期待できます。この治療は美容クリニックなどで受けることが可能です。ボトックス治療の持続効果は約4ヶ月程度と言われていますが、一度筋肉が細くなってしまえば毎日筋肉を使っていても急激に元に戻ることはありません。そのため咬筋の筋肉が発達しやすい人でも一度筋繊維を細くしてしまえば、後は定期的な治療で小顔の状態を維持することができるでしょう。太くなった筋肉を細くしたい人にはとても有効な治療方法です。

Copyright© 2018 ほっそり美人はボトックス小顔で作る【有効成分を筋肉に注入する】 All Rights Reserved.